急な入用や空いた時間は、即金バイトしてみませんか?

「どうしても明日までに1万円が必要になってしまった。金融機関にお金を借りるのも不安だし、どうしよう。」「せっかくの休みなのにする事がない。空いた時間にバイトしたいけど、そんな都合よくいかないかな。」そんな思いを抱いた場合、是非即金バイトにチャレンジして下さい。

 

即金バイトとは、「日払いバイト」や「即日払いバイト」とキーワード自体は同じです。

 

例えば日払いで1日のみの勤務だった場合、働いた当日に現金支給でその日の分の給料が貰えます。但し日払いバイト案件に応募する場合、十分に注意して下さい。日払いバイトだからと言って、即金バイトと全く同じ給料形態とは限らないのです。

 

 

即金とは“即お金が貰える”という意味ですが、日払いは日給制を指します。日給計算でバイト代を計算するという事であり、会社によっては週や月にまとめて支払うという場合も十分あるのです。

 

 

もし日払い案件に興味を持ったのなら、事前に会社側に給料日や受け取り方法など相談しましょう。

 

 

うまくいけば即金バイトとして働く事が出来、バイトが終わったらその日の稼ぎが現金で反映されます。「これだけ自分は頑張って仕事をした」と目で見て分かりやすい事から、特にお金に困っていない人でも即金バイトを希望するケースが増えているのです。

 

即金バイトの探し方

即金バイトを見つけるには、やはり求人サイトが一番手っ取り早いと思います。

 

バイト求人雑誌でも募集案件がありますが、少ないのですぐに募集が締め切られてしまいます。求人サイトと提携する会社が急増していますから、やはり求人サイトを調べてみるのが一番でしょう。

 

即金バイトを見つけるコツは、求人募集欄に【即日払い】と記載されているのがポイントです。いちいち膨大な求人欄から即日払いの単語を見つけるのは大変ですから、求人サイトのフリーワード検索欄に「即日払い」と打ち込めば簡単です。

 

沢山の即日払いバイトを一気に観覧でき、自分に合った即日バイトを見つける事が出来ます。

 

 

さて求人サイトで魅力的な即金バイトを見つけた場合、すぐに応募するのは危険です。上記でも記載した通り、事前に会社側にいくつか確認するのが基本だと思って下さい。

 

支払い方法をしっかりと確認しましょう

中でも重要なのが支払方法です。「即金=仕事後その場で現金支払い」と思いがちですが、必ずしもそうではありません。

 

即金バイトでの給料支払い方法は大きく分けて2種類、現金支払いか振込みです。

 

 

え〜?即金バイトなのに振込なんて・・と抗議したくなりますが、即振込するんだから間違っていない!と、逆に会社側から抗議されてしまいそうです。

 

 

その日に現金を貰うとすぐに使ってしまうので、自分には即金バイトが合わない。なんて思っている人には、逆に振込での即金バイトが性に合うでしょう。引き落とさなければどんどん貯まりますし、元々即金バイトは給料が高めですからお小遣い稼ぎにはもって来いです。

 

 

次に、先程大きく2種類に分けたうちのもう1つ、現金支払いを更に2種類に分けましょう。

 

即金バイトの給料は、現金支払いの場合、その場で責任者から現金を貰えるのが当たり前と思っている人も多いです。

 

 

確かに給料をその場で現金支給してもらう事もありますが、それが絶対とは限らないのです。稀にあるのが、派遣会社まで取りに行くというパターンです。仕事が終わってからわざわざ派遣会社まで取りに行き、そこでやっと現金支給してもらえるのです。

 

 

近場ならまだ許せますが、電車で行くしかない場合もあります。即金バイトなどの日雇い系では、交通費は実費なのが主です。何だか時間も労力もお金も、全て損した気分になりそうですね。

 

 

損をしたと雇用側に抗議しても、求人内容を確認していないこちら側が不利になります。

 

 

ですから、応募前にしっかりと給料支払い方法を確認しておきましょう。給料を受け取る際に必要になる物も確認しておくと安心です。主に印鑑や身分証明書が必要になる事が多いですので、用意しておくとスムーズです。

 

 

⇒日払いバイトを探す