日払いバイトをしたい人が急増中

バイトというと、同じところで定期的に働くいわゆる長期のバイトのイメージが強いと思います。

 

 

ですが、長期のアルバイトとなると一度働き始めるとなかなか辞めにくくなったり、シフト制のために定期的に働かなければならず、学業や仕事やプライベートに影響してしまうというデメリットが存在します。

 

 

そのため、最近ではその日だけ働く日払いバイトの人気が高くなっています。

 

 

日払いバイトであれば、長期とは異なりその日限りで終わる仕事がほとんどですので、学業や仕事の合間に働くことができるので、忙しい現代人にはもってこいの働き方なんです。長期のバイトになるとバイト先によっては自分がチーフなどの立場になってしまったりしてさらに辞めにくくなるなんてこともあります。

 

 

ですが、日払いバイトであればその日で終わる仕事がほとんどですので重要な立場になることは少なく、辞めたいときにはさっと辞める事ができてしまいます。また日払いバイト最大の特徴としては給料がすぐに手には入ることです。

 

 

 

長期のバイトでは1月ごとが一般的ですが、日払いバイトはその日や1〜2週間で給料が支払われるため、すぐにお金が欲しい人には最適です。

 

 

日払いとは言っても即金やその日払いなどの表記がない場合は週末などにまとめて支払われる場合があるので注意が必要です。日払いバイトは忙しい人でも働きやすく、しかも長期バイトよりも給料が支払われる時期が早いため多くの人が行うようになっています。

 

 

年齢層や性別は?

では、日払いバイトをしている年齢層はどのようになっているのでしょうか?人によって日払いバイトを選ぶ理由は様々ですが、やはりすぐにお金が手に入るという理由で選ぶ人が多いそうです。すぐにお金が欲しい人というのはやはりお金に困っている人です。

 

 

 

お金をあまりもっていない学生や、まだまだ給料が少ない世代の人が日払いバイトをしているのです。日払いバイトをしている人の大半が10代・20代という若い世代で占められています。学校や部活の合間に行う学生、仕事後や休日を利用する社会人の多くが日払いバイトで働いているんです。

 

 

もちろん若い世代だけではありません。子どもの養育費や住宅ローン、家計の足しにと中年世代の人でも日払いバイトをしている人もいますし、定年後に働いている人もたくさんいます。日払いバイトを選ぶ人の事情はそれぞれですが、その中でも多いのは若い世代となっています。

 

 

 

また、日払いバイトをしているひとのなかで、男性と女性のどちらが多いのでしょうか?

 

 

これも事情は様々ですが、日払いバイトの多くが工場や倉庫などでの単純作業が主ですが、力仕事が占める割合が多くなっています。

 

 

そのため力仕事をすることから男性の方が女性よりも割合は多くなっています。男女比で言うと、6:4くらいです。

 

 

 

とはいっても女性でも行える日払いバイトもたくさんありますので、仕事の内容によっては女性のほうが多く働いているところもあります。全体的に見ると男性の方が多くなっているといえます。

 

 

⇒日払いバイトを探す